大文字山は京都市民にとってポピュラーなハイキングコースです。

大文字

山道はいろいろなところへつながっているので、大文字山の「大」のところへ行くのにもいろいろなコースがあります。

南禅寺日向大神宮から、若王子神社から、山科の毘沙門堂からなどから山に入る方も多いでしょう。

一番シンプルで近いのは銀閣寺門前を通るコースです。


道順もカンタン。

銀閣寺道から銀閣寺橋を渡り、銀閣寺を目指して歩いてきて、銀閣寺にぶつかったら左折、次に八神社にぶつかったら右折。

後は道なりに歩けば「大文字山入り口」の標識があります。

大文字


山道は階段や石段が整備されて歩きやすいです。


でも、勾配はかなりあります。
ここを夜に登る保存会のみなさんはたいへんだろうなあと思います。

大文字


20分〜30分登れば大文字の中心部へ到着できます。

大文字

大文字の火床

もう一息がんばれば大のてっぺんからの眺望が堪能できます。

大文字

吉田山がだいぶん下にあります。標高の差は歴然。


このページをシェアする

極上ディナー+最上階から素晴らしい送り火鑑賞!そのまま渋滞知らずで優雅に宿泊。
チェック 》 》 五山の送り火が見えるホテル 宿泊予約♪