京都五山の送り火ヘッダ画像

タグ「登山」の一覧

丹波大文字で有名な福知山市の姫髪山(標高406メートル)に登りました。
丹波大文字の送り火は1952年に始まり、60年も続いています。

福知山市街のどこからでも見えるくらい高い位置に大の字があるので、草刈りや火床の整備に何度も登る保存会の方々の苦労は並大抵のことではないでしょう。
82歳の方も毎年登って作業していると両丹日日新聞にありました。
スーパーマンです。
姫髪山

登山道は長安寺の墓地のところから始まります。
最初は緩やかな道なのですが、途中からどんどん急になっていきます。
山道はぬかるんでどろどろで滑りやすいです。
実際滑った靴跡もたくさん・・・。
姫髪山 登山

沢ガニが横切り、カエルがぴょんぴょん跳ぶ道です。
姫髪山 登山


大の字形の斜面は急斜面・・・というより崖!
危機感を感じるほど。
京都市の五山にはないワイルドさです。(「法」の字よりさらに急)
一体誰がこんなところで送り火をやろうと言い出したのか・・・・!?
姫髪山 登山
落ちたらたいへん!
姫髪山 登山
眼下には福知山市街が広がり、右には親不知。左には鬼ヶ城と烏ヶ岳が見えます。
姫髪山 登山

炭にはこおろぎが。
上はすでに秋でした。
姫髪山 消し炭
消し炭を少しいただきました。

姫髪山 交通アクセス

所在地京都府福知山市奥野部
アクセス福知山駅からタクシーで10分ほど

このページをシェアする

極上ディナー+最上階から素晴らしい送り火鑑賞!そのまま渋滞知らずで優雅に宿泊。
チェック 》 》 五山の送り火が見えるホテル 宿泊予約♪

左大文字の火床に行くにはいくつかの登山道があります。

8月の終わりに、昔の記憶を頼りに裏側の山から登ってみました。

鷲峯~鷹峯を結ぶ尾根道を通って大文字山の頂上を経由するかんじです。

だいたいはこのようなわかりやすい道なのですが、
行けども行けどもクモの巣だらけでしばらく人が歩いていない様子です。

左大文字 登山道

虫にやられた木がときどき倒れていたりします。ポツポツと無数の穴が開いています。

左大文字 登山道の樹

ただひとつの案内板は割れて下を向いていて、どっちに行ってよいやらわかりません。

左大文字 登山道 案内板

逆に木がまばらすぎて、どれが道なのかわかりにくいところも・・・。

左大文字 登山道


分岐も多く、案内もほとんどないので、初めての方はきっと迷子になると思いますので、ルート説明は省きます。


大文字山頂を経由して火床に着きました。

風がびゅーびゅーと吹いていてさわやかです。

左大文字 火床
いままでに五山全てに登ったことがありますが、ここは市街がギリギリまで迫っているので、一番迫力があるように思います。
(大文字はもっと標高が高くまた素晴らしいですが、森がワンクッションあって街、という感じですね。)


火床は堅牢に造られていて、背が高く威厳があります。
造るのは想像もつかないほど大変だったと思われます。

左大文字 火床


どこまでも西大路通が見えます。
西大路通にさえ出れば、遥か遠くからでも送り火が見えるということですね。

左大文字 から西大路通り


京都タワーも。

左大文字 火床

東山の大文字もよく見えます。

左大文字 火床

妙法も斜めですが見えますね。

左大文字 火床


金閣寺の屋根が見えるのも得した気分です。

左大文字 火床

 
なお、火床から下へ続く道は送り火関係者の道であり、私有地でもあるので、普段は施錠されています。
また山頂に登って、来た道を帰ることになります。


※ 送り火保存会に団体で事前申込みすれば、ゲートを開けて最短距離で火床へ登らせてもらえます。


このページをシェアする

極上ディナー+最上階から素晴らしい送り火鑑賞!そのまま渋滞知らずで優雅に宿泊。
チェック 》 》 五山の送り火が見えるホテル 宿泊予約♪

このページの上部へ

京都を自由に歩きたいならフリープランが賢い選択。

みんなが集まる人気スポット

大勢の人とともに五山送り火を見る。浴衣で出かければ風情も倍増です。

  1. 出町三角州
  2. 船岡山
  3. 賀茂川堤防
  4. 高野川堤防
  5. 松ヶ崎
  6. 吉田山・神楽岡
  7. 京都御苑(御所)
  8. 嵐山渡月橋
  9. 広沢池
  10. 西大路通り
  11. 京都駅ビル空中経路
  12. ホテルに宿泊して鑑賞
  13. レストランで鑑賞

最近のピクチャ

  • 出町三角州
  • 左大文字と金閣寺
  • ウェスティン都ホテル
  • 京都御苑
  • ホテルルビノ京都堀川
  • リノホテル京都