虚空蔵法輪寺さんは嵐山の中腹にある『十三まいり』で知られるお寺です。

針供養や人形供養でも有名です。

このお寺には広〜い展望デッキがあり、鳥居形が見えます。

法輪寺の展望デッキ

下のピンクの丸が法輪寺さんのデッキ。

法輪寺から鳥居形

法輪寺から渡月橋
渡月橋も見下ろせます。

遠くにくっきり「大文字」、そして「妙法」の火がほわっと空を染めるのも見えます。(字が読めるほどではありません)

法輪寺が「送り火の穴場」と言われるのは夕方5時に普段通り閉門するから。

フェイントをかけて8時に再開門!

お寺の方にきくと「開けっ放しだと治安が悪いのでいっぺん閉めます。」とのこと。

暗い石段を登って展望デッキへ上がりましょう。

知らなければこんなに暗い中、登っていく勇気が湧かないと思いますよ。


8時から数分かけてくっきりとした大の字が灯りました。

法輪寺から大文字を見る

 
20分遅れて、大きな鳥居が出現しました。

法輪寺から鳥居形を見る

法輪寺から大文字を見る

夕方6時から法輪寺前の通りも含めて、渡月橋〜松尾橋の区間が全面通行止めになります。
クルマの方はお早めに。

法輪寺から見た鳥居形と渡月橋。

法輪寺から鳥居形と渡月橋を見る


このページをシェアする

極上ディナー+最上階から素晴らしい送り火鑑賞!そのまま渋滞知らずで優雅に宿泊。
チェック 》 》 五山の送り火が見えるホテル 宿泊予約♪